ギャンブル依存症に注意すべきプレイヤーの特徴

ギャンブル依存症の具体的な症状は、四六時中、仕事の間でさえもギャンブルを求めてしまう状態に陥ることで、世界保健機関(WHO)も問題解決に乗り出すなど世界各国で社会問題となっています。
ギャンブル依存症は個人だけの問題ではなく、周囲から多額の借金を重ねて破産したりと、家庭や友人関係を破壊するだけでなく、社会的信用も失い人生を狂わす恐ろしい病気なのです。

病院に通い適格な治療やアドバイスを受けることで、ギャンブル依存症を軽減することは可能ですが、強い依存状態を消し去るのはなかなか難しいようです。
ここでは、ギャンブル依存症に注意すべきプレイヤーの特徴や性格を詳しく解説していくので、ぜひ参考してください。
もし自分の心当たりがある項目がある場合は、十分に注意してギャンブルを楽しみましょう。

宵越しの金は持たない主義の人

宵越しの金は持たない主義の人
昔の江戸っ子のように宵越しの金は持たないというような、手元にあるお金はすべて使ってしまう傾向のある方は、ギャンブル依存症の予備軍です。
給料日には速攻でギャンブルに向き合い、貯蓄とは縁がなく、休日といえばパチンコという感じの方はとくに危ない傾向があります。
一般的な金銭感覚とは大きな乖離がある方で、将来を考えて計画的にお金を運用しようという考えが欠落しているのです。

具体的には、毎日のようにスーパーではなくコンビニを利用し、欲しいものは価格を比較せずに速攻で購入など、節約という概念がないのです。
若いうちはこのような傾向でもいいかもしれませんが、社会人になっても無意意識のこのような行動を続けている方は金銭感覚にかなり問題があり、ギャンブル依存症の予備軍と言えるでしょう。

借金に負債を感じない人

借金は金銭問題を解決するための手段の1つですが、あまりに気軽に繰り返すとありがたみが薄れ、借金に負債を感じなくなり、周囲に迷惑をかける可能性もあります。
何らかの理由で生活費が足らないなどの場合は借金もありかもしれませんが、ギャンブルという生活に必須でないもののために借金をするというのは、すでにギャンブル依存症を患っている可能性が高いです。

ギャンブルのために借金するというは、かなり負けが込んでいる証拠ですが、それでもなおギャンブルで損失を取り戻そうとするのは理論が破綻しており、明らかにギャンブル依存症に片足を突っ込んでいます。

オンラインカジノのペイアウト率を見ても、ギャンブルは基本的に負けるようにできており、収益を出しているプレイヤーほんの一部で、多くの負けた人々の上に成り立っているに過ぎません。
現在は借金をせずに健全に遊んでいるプレイヤーも、いつか借金の衝動に駆られる日が来るかもしれませんが、借金はギャンブル依存症の入口であることを忘れずに、自分に戒めながらプレイしましょう。

強いストレス状態にある人

強いストレス状態にある人
ギャンブル依存症のような病気には、強いストレスが密接に関係しており、現実逃避が目的であるためストレスの原因を解決しない限り、依存症からの脱却も困難となります。
仕事上の悩みや家庭内の不和、友人との確執など、人間生きていれば様々なストレスに直面しているものです。
多くの人々は運動や飲み会など様々な手段でストレスを解消しながら、うまく折り合いをつけて生活しているのです。

日常を忘れることができるギャンブルも、ストレス解消に役立ちますが、あまりに没頭してしまうのは逆効果となります。
特に重度のストレスを抱える人がギャンブルをすると、自己規制が難しくなり、さらなる現実逃避を求めて依存症になってしまう可能性があります。

度が過ぎる負けず嫌いな性格は危ない

度が過ぎる負けず嫌いな性格は危ない
負けず嫌いな性格は、競争社会において良い方向に作用することが多いですが、あまりに度が過ぎる、負けず嫌いだと、ギャンブル依存症に陥りやすいことが分かっています。
このような性格の方が、万が一にもギャンブルに没頭してしまうと、ギャンブル依存症に陥る可能性が高くなります。

ギャンブルに負けは付きものですが、度が過ぎる負けず嫌いの方は、なんとか損失を取り戻そうと泥沼に嵌ってしまうのです。
そして勝ったら勝ったで増長する傾向があり、根拠のない自信を盲信しさらなる勝ちを求め続け、知らず知らずのうちにギャンブル依存症に陥ってしまうのです。
もし、負けず嫌いの自覚がある方は、オンラインカジノなどのギャンブルには近づかないほうがいいかもしれません。

まとめ

ギャンブル依存症に注意すべきプレイヤーの特徴や性格を詳しく解説してきましたが、参考になったでしょうか?
特に重度のストレスを抱える人がギャンブルをすると、自己規制が難しくなり、現実逃避を求めてギャンブル依存症になってしまう可能性があります。

また、極度の負けず嫌いの方も、ギャンブル依存症に陥る可能性が高くなるので注意が必要です。
さらに昔の江戸っ子のように手元にあるお金はすべて使ってしまう傾向のある方も、ギャンブル依存症の予備軍と言えます。
さらにギャンブルという生活に必須でないもののために借金を真剣に考えている方はかなり重症で、すでにギャンブル依存症を患っている可能性が高いです。

ギャンブル依存症で人生を狂わせてしまう人は世界中にいて、誰もが患う可能性がある怖い病気です。
ストレスの発散にギャンブルを楽しむのは良いことですが、実生活に悪影響を与えない程度に留めておくことが、一番のギャンブル依存症の予防となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です