オンラインカジノにリスクは存在しないのか?

どのようなギャンブルにもリスクはあるものです。むしろリスクのないギャンブルなど存在しないと言った方が良いかもしれませんが、世界的な人気を集めつつあるオンラインカジノにはリスクはないのか。特にオンラインカジノの場合、ギャンブルで敗北するリスク以上に法律面でのリスクを心配している人の方が多いのではないでしょうか。国内の法律ではカジノは禁止されています。それだけにオンラインカジノといえども違法なのではないか。もしもオンラインカジノを楽しんだら最悪逮捕されてしまうのではないか。このような不安を抱いている人も決して少なくないとも言われているのですが、実際の所そのようなリスクはないのでしょうか。

オンラインカジノを調べてみよう

オンラインカジノを調べてみよう

オンラインカジノを調べると分かるのですが、国内の業者はいません。また、国内のサーバーで営業している業者もありません。オンラインカジノの業者は基本的に海外の業者が海外のサーバーにて営業していますので国内で利用したとしても言うなれば「海外のサービスを利用している」になりますので、国内の法律に問われるようなことはないのです。理屈としては海外旅行先でカジノを楽しんでいるのと同じです。インターネットの場合、手元の操作だけで簡単にいろいろなサイトにアクセス出来るのでピンと来ない人も多いかと思いますが、海外のサーバーのサービスにアクセスしていますので、法律の適用範囲は海外のものなのです。しかも海外の業者はしっかりと法律に則った上でオンラインカジノを営業しています。国や行政から認可を受けた上でオンラインカジノを営業していますので「楽しんだおかげで罰せられる」というリスクは存在しないのです。

海外の業者は安心なのか

海外だけど大丈夫?

国粋主義とまではいわなくとも、特に我が国では外国語に堪能な人が少ないので海外のサービスをなかなか受け入れられないという現実があるのも事実。そのため、「海外のサービス」ということで警戒してしまう人もいるかもしれませんが、実際の所、海外のオンラインカジノは安心なのか。法律に問われないとはいえ、不正が行われているので勝てないようになっているのではないかといったように、不安を抱いている人もいるかもしれませんがそちらに関してもナンセンスと言ってよいでしょう。なぜならオンラインカジノの業者は先にも述べたように国や行政の認可を得ています。仮にですが不正プログラムを組んでいれば認可など受けられませんし、eCOGORAのような認可を与えるだけではなく、認可したオンラインカジノを定期的にチェックしている団体もありますので、認可を受けているオンラインカジノであれば不正リスクはないのです。

不正はオンラインカジノ業者自身の首を絞めることに

不正は自滅への道

そもそもオンラインカジノ業者にとって何より大切なのは信頼です。信用されていないオンラインカジノなど利用する人はいません。オンラインカジノは還元率が95%と物凄く高いのですが、利用者がいればそれだけ利益も増えるので不正を行う必要がありません。信用されていればオンラインカジノ利用者が増える。そして利益が増える仕組みとなっている以上、不正をするよりも多くの人に利用してもらうための環境を整えた方が結局は得策なのです。むしろ不正をするような業者は利用者が減り、利益確保のために余計不正を行わなければならなくなる悪循環に陥りますので、真っ当な業者であれば懸念されるようなリスクは存在しないのです。

言葉の壁は大丈夫なのか?

言葉の違いは問題ないのか?

真っ当な業者だとは分かっても、現実的に言葉の壁を感じる人もいるのではないでしょうか。相手は騙す気持ちがあるわけではないものの、こちらの言語能力のおかげで誤解してしまい、結局上手くサービスを利用出来ないリスクもあるのではないかと懸念している人もいるかもしれません。確かに言葉の壁はとても高いものではあるのですが、オンラインカジノの業者の中には日本語に対応してくれている所もありますし、サポート体制を敷いてくれている所もあります。また、それらはあくまでも登録等だけの問題でもあります。遊戯そのものに関して言えば、事細かい言葉の説明が必要なものの方が少ないはずです。どのような遊戯であれ、直感で楽しめる物も多いのではないでしょうか。それだけにオンラインカジノは言葉の壁というリスクも実はそこまで大きなものではないことに気付かされるでしょう。

このように、オンラインカジノはリスクらしいリスクはありません。もちろん遊戯そのものは高い還元率ではあっても「必勝」ではないだけに、時には敗北を喫することもあるでしょう。ですがそれは「オンラインカジノのリスク」ではなく、「ギャンブルのリスク」です。オンラインカジノ特有のリスクではありませんのでオンラインカジノならではなリスクというのは実は見つける方が難しい程、しっかりとした体勢が整えられているものだと分かるのです。